FC2ブログ
まいのりてぃ~
好きな歌は長淵剛のシャボン玉
管理人:つくつくぼうし

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れていい事と忘れてはいけない事
「人間の価値」について。
価値のある人間といえば、上流社会で生活している人達。なのか?
確かに尊敬もできるし、そこには富と名声もきっとあるだろう。
これには否定もしないし、逆に俺は納得すらしてしまう。

ではそれ以外の人はどうだろうか?

少なくとも俺の周りの人間は、さっき述べた人たちと同等、もしくはそれ以上に「人間の価値」はあると思える。
「それはお前の個人的な意見で、客観的な意見ではない」と言われればそれまでだが、では「人間の価値」とはいったい何なのかと、逆に教えてほしい。

人間の本質的不平等なこの世界で、価値のある人間が存在するって事を言いたいのは確かに何となくわかる。
これは、「人間の価値=お金の価値」ではないことも伝わってくる。
では、いったい俺は「人間の価値」についてどう考えているのだろう。

権力のある人間が価値のある人間か。
人から羨まれる大富豪が価値のある人間か。
仁義をつくす人が価値のある人間か。

答えはすべてNOだ。

人間に価値など最初からないのではなかろうか。
なぜならば、「人間」はけっして「物」ではないのだから。
現在人類は60億いると言われているが、その中に、だれひとりとして同じ人間などいやしない。

それでも人間に価値をつけたがる人間に、俺はここで宣戦布告をする。

ママのおっぱいでもすってろ!

かつて人権などがまだない時代、自由を求めて戦ってくれた方たちへ。
時代は平成を向かえ、おかげさまで何不自由のない生活を私達は送れております。
その中で、私達はいかにそれ以上の幸せを見つけだし、世間一般とよりどちらが幸せかを自慢しあい競っております。
もはやかつての幸せでは、今の時代不幸と評価されるでしょう。
人に自慢をするために自己を高め、人に自慢をするために外見を磨きます。
スポンサーサイト
嫌な事を楽しいことに変える俺流4つの方法
嫌な事を楽しみに変える事ができたらいいのにな。
俺は今までこの事をずっと頭の隅っこにおいてきた。
今でもこの答えを捜し求めている。
だが、実際のところ、嫌なもんは嫌だし、世の中そううまくはいかない。
でも、嫌な事はたしかに嫌だけど、少しだけこれを軽減する事は可能である。
その俺流の方法をここに残しておこう。

まず、その方法の一つとして、自分自身にご褒美を用意する方法。

この嫌な事が終わったら、あのご褒美がまってるぞって考えると、少しだけ楽になれる。
しかし残念なことにこの方法は、普段なんにも我慢をしてない人間には理解できないと思うし、効果は得られない。

そして二つめの方法として、嫌な事を自分なりに出来るだけ楽しむ方法である。

つまり、意識を他の事に向けるといえば分かりやすいか。
しかし、この方法はあまりお勧めできない。
試してみれば分かると思うが、この方法にはデメリットが結構多い。
これはいわゆる諸刃の剣である。

三つめの方法。
それは周りの人間を好きになること。

これはとても大事な事である。
家族愛によく似た感情としてとらえて欲しい。
情愛は時として強く、そして邪魔にもなる。
だが情愛のない人間はとても醜いのは事実だ。

四つ目。
野心を持つこと。
野心とは、野の獣が人になれないように、なれ服さないで害そうとする心である。
でも、まあこれは特別な例外ですな。


人生イロイロ
ちょっと昔、上京した大学生の友達が言いました。
「一人暮らししてよかった」 と。
「なんで?」 と俺が聞くと、
「親のすごさがわかった」 と言いました。

むかし俺が異郷の地で住み込みの仕事をしていたとき、気づきました。
友達の存在のデッカさとありがたさを。

遠回りしてきて初めて気づいた事もあります。
本当に大事なものは何なのか。

色んな人に出会い、色んなことを学び、色んなことを考えさせられた。
みんなもきっとそうだろう。
人生はいっぱい悩むもんだ。
いろんな事にいっぱい悩み、考える。
誰かにアドバイスはもらってもいいが、その答えは自分で導きだすし
かない。
悩まない人間はいつまでたっても気がつかない。
俺はそう考えてます。
どうにもキツイ時は友達と酒でも飲んだり、馬鹿してみたり、ねりけ
し作ってみたりすればよい。
それでもダメなときは、そんときは「シャボン玉」をひたすら聞けば
何とかなる。アップしてあるから。

昔、親にAV取り上げられて初めて気づきました。
意外とバレても平気なことに。

ありがとう、ごめんね
できるだけ「ごめん」じゃなくて「ありがとう」って言おう。
「ごめん」って言葉は言いやすい。
心がなくても言えるから。
「ありがとう」って言葉は言いにくい。
だって照れくさいじゃん。
だからよく「ありがとう」っていう場面で「ごめんね」って言ってしまうことがしばしある。
日常をよく思い出してみてくれ。



全て分かっている人に「ごめん」って代用して言ってもいいが、このよ
うな事をまったく考えたことのない人に「ごめんね」って言っても、感
謝の気持ちが伝わるとは考えにくい。

「ありがとう」のたった一言で、意外と気分がよくなるものだ。
こんなとき、「ごめん」って言われると、逆にこっちが「ごめん」って言わせちゃってごめん。って気分になる。

いちいちこんな事めんどせーな。どうでもいいじゃんって誰もが思う。

そこで話は少しそれるが今度は「めんどくさい」って言葉について。
O型はめんどくさがり屋で有名。
でもよく考えると、誰だってめんどくさいって思うんじゃねーの?
そこでやらない奴がめんどくさがり屋と呼ばれる。
『めんどくさがり屋=わがままくそがき赤ちゃんおっぱい大好き』
って俺は自分なりの答えを導きだした。

そんな俺はO型。

「ごめん」ならまだしも「ありがとう」って言うのは、ほんとめんどくさい。
でも、めんどくさいから相手に伝わるってもんだ。
「ありがとう」 たった一言だけど、この言葉の深みを感じれる、そんな人間になりたい。


もうすっかり冬
もうすっかり冬。

冬といったら何を思い浮かべる?

若者の中で一番多いのがおそらく恋愛ではないだろうか。

クリスマス、正月があるだけに、こればっかりはしょうがない。

しかし、同時に別れの時期でもあると思う。

この時期、新たな恋愛が生まれる確立が高いのは事実。

だがその一方で、終わりをつげる恋愛も同じだけあるのだ。

この時期に誕生した恋愛は長くは続かないと俺は断言する。

なぜならば、その恋愛は寂しさから来ているからだ。

だから、もし新たな出会いがあり、今までの恋愛に終わりを告げようと

している人あらば、それは絶対にやめたほうがいい。

重さがぜんぜん違う。



そして次がスポーツ。

今年はボード何回いけるだろう。

去年は8回くらい行ったか。

今年は1回行けるかどーかも微妙な状況である。

他にも人それぞれ色々なことを思い浮かべる「冬」。

三回忌か。

年月が流れるのは早いものである。

この時期になると洗濯物が乾いているのか湿っているのか分かりずらい。

いろんな意味で俺は冬は好きである。

夏も好きだ。

でもぞうさんのほうがもっと好きです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。