まいのりてぃ~
好きな歌は長淵剛のシャボン玉
管理人:つくつくぼうし

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節約生活の成果
出ました電気代。
冷蔵庫のコンセントをぶちぬいて、はや一ヶ月。
現在の冷蔵庫には、パックの牛乳と、パックの緑茶。
それに生命の源の水道水1.5リットル。これだけである。

節約生活の結果は・・・

なんと電気代4800円強!!
かなり安くなった。
アドバイスくれた人に感謝。

でも省エネ冷蔵庫はやっぱほしい。
黒い小さいやつ。
スポンサーサイト
くっそー
おいおい、お気に入りの子が「あーん」してくれたぜ。
刺身食ってたから、少し頂戴っていったら「あーん」って。
キャラ的に普通にどうぞって言うだろうと思ってたのに。
びびんべ。
その後、なんだかいつもより元気が出てきた。
一気にテンションがあがった。
マカナイも3杯おかわりした。
単細胞とはこの事か。
足の裏に豆ができて痛い
いっちゃった。
店長に言っちゃった。
「あんまり無理言いすぎると、みんな辞めてっちゃいますよ」
ってついさりげなく言ってしまったよ。
だって男でもきついとか思うときがあるのに、女の子がそれに耐えれるはずがなかろうも。

大量の皿を洗ったり、ゲボまみれのトイレを洗うのは男の仕事である。
ゴミを捨てたり、重いものを運ぶのも男の仕事である。
上の人間がこういう事をまったく理解してないと、普通の女はすぐやめていく。

俺がこう思うようになったのは、6年ほど前にさかのぼる。
かつて女と腕相撲をした事がある。
その女は結構腕っぷしに自信があり、実際手のヒラでパンチを受けると結構ビシバシとうってきた。
周りの友達からも力が強いと聞いた事がある。
しかし、実際はどうだ?
勝負してみると、その弱さにビックリした。
女とはこんなにも力がないものなんだと思いしらされた。

俺の一言に店長は結構効いたようであった。

足元ばかり見て、長い目で見ないからいつも人手がたりないのだ。
その場しのぎで何とかしたものの、結果人手不足になり状況は悪化していく一方じゃねーか。
って俺は本当は言いたかったが果たして伝わったのだろうか。

どんなときも、共に乗り越えてきた人たちが、たえかねて辞めていくのをただ黙って見送るのは、実に寂しいものである。

魚心あれば水心と昔の人はよく言ったものだ。
人のフリみて我がフリなおす
「元気ないね」と言われた。
「どうしたの?」って言われた。
「何かあった?」と言われた。
正直なんて言葉を返したらいいか困った。
一応、「そんな事ないっすよっ」っていっといた。
「いつも通り元気もりもりっすよっ」っていっといた。
それでも、「明日は元気なつくつくに戻ってね」といわれた。
暇なとき、たまに俺はボーっとしながら、明日やらなければならない予定とか、過去に死んだ人の事とか、大金を稼ぐいい方法とか、他にもしょーもない事をいろいろ考える。
そうやって、避けられない暇な時間を自分なりに楽しんでいる。
以前はこの俺の仕草に、誰もあまり気が付かなかったのに、そのとき「元気だしな」ってやさしく声をかけられた。


なんなんだよ、いったいよ。
わけわかめ。
もしかして俺の知らぬところで、よからぬ噂でもたっているのか?
今日の俺、なんかいつもより見られてたっぽい。
勘弁こきまろだぜ。
ボケてないのにいろいろつっこまれるし。
無理やりつっこまれても、何もおもしろくない。
最近何か弱音でも吐いたか?と記憶を思い出してみる。
・・・いや、まったく吐いてねぇ。
あのときに吐いたか?
いや、吐いてねぇはず。
「何見てんだよ」って言えばよかった。

しかも仮にもし俺がへこんでいたとしてら、こんなトークは大問題だ。
どっちがはげましているのか、分かったもんじゃない。
本当に気をつかっているのは、どっち側か考えてみろって話になる。


まあどうでもいいけど、今日また一つ勉強になった。
人が落ち込んでいるときに、相手をハゲます方法は、つっこみじゃなくボケだという事。

×駄目な例)
落ち込んでいる人「電話にでんわ」
はげます人「さぶっ。そういえば~」


○良い例)
落ち込んでいる人「電話にでんわ」
はげます人「そりゃそうよ、あいつは一年前に死んだんだから」


kaminari.jpg


今日の後悔
今日は一つ後悔した。

我がバイト先には系列店が近くに4店ほどあり、どうにもピンチのときは互いに助け合うことがちょくちょくある。
今日は系列店の人材がたりず、俺は系列店に派遣された。
この店にいくのはもう6回目くらいになるか。
我がバイト先は常に人手がたりていないのだが、そんな中、俺は派遣。
派遣の時間を終え、バイト先に戻ってみると、おもった通り店内はぐちゃぐちゃだった。
Kさんは今日のぐちゃぐちゃな出来事で「もうやめる」と店長に怒ったようだ。
テーブルの形跡を見ると、そのときの光景がなんとなく想像できた。
まったく片付いていない。
無能な人の下につくと、一番苦労するのはいつでも下にいる人間。
なんとかならんかな。
帰りがけSさんに一緒に帰ろうよと言われたので、しかたなくコンビニで朝飯買って外で待つことに。
髪きり行きたいなぁとかそんな事を考えながらボーっと待っていると、しばらくしてKさんが出てきた。
そのまま一緒に帰りたかったが、そのとき俺はSさんを待っていたので、少し立ち話をして普通にバイバイした。
その後、しばらく待ったが結局Sさんは来なかった。
コンビニ行っている間にすれ違いがあったのだろうか。
こんなんなら素直にKさんと帰ればよかった。
ああ、むなしすぎる。

補足
Kさん=俺が気に入っている子
Sさん=積極的で少しうざい子
春休みの予定
春休みの自分なりの予定。
とりあえず3月5日までは読書!
ひたすら読書!
バイト始まるまで読書。
読書しようかと思っている。
勉強からは少し離れ、息抜きに読書。
ほんとは合コンやりたい。
ほんとはバイクで風になりたい。
ほんとはカラオケ行って叫びたい。
ほんとはチョメチョメしたい。

でも読書!
6日が出校日で、7日から任意の対策授業に参加希望。
俺のクラスの希望者は俺をふくめたったの4人。
・・・。

PCの知識があらゆる面で豊富な人には関心するが、ただPCいじりが好きで、プログラムも何もくめず、P2Pなど少し学べば誰でもできる事をやって、ゲームに熱中して、肝心の学校の勉強をやらない奴らはただのキモヲタ。
なにしに学校きてんだかわかりゃしない。
キモヲタとは同じ空気を吸いたくないし、しゃべりたくもない。
というか、まったく話甲斐がない。
一発殴れば、闇にまぎれて背中を指されそうである。
ほんと気持ち悪い。

普通の人は「コンピューター」の学校なんか選択しやしない。
どんな理由があろうと、「コンピューター」を選択した時点で俺もふくめ、そいつらは皆「PCオタク」である。
自分だけ「オタク」じゃないと思っている人が若干いるが、お前は「キモヲタ」だ。
いい加減気づけ。
情報化だからとか関係ない。
コンピューターの学校=オタクなんだよ。
趣味の範囲でPCを遊びで結構いじっている人を「マニア」というんだよ。

こんな奴らと切磋琢磨なんかできるか。
今まで出来るだけ色んな人に話しかけ、それなりに感情を押し殺し仲良くやってきたつもりだが、来年からは選別する必要があると思った。
やる気のないキモヲタとは仲良くなる必要はない。
これこそまさに時間の無駄である。
やる気のない奴が多く、ほんと嫌になる。

いかん、ついプロレス見ながら記事書いていたらデタラメな文になってしまった。

でぇたらめぇ?!
デタラメナーウタ、デタラメナーウタ♪
ついに春休み
ついに春休み入りましたー。
おもろいなぞなぞ
今日は今から明日期限の課題をやらなきゃいけないので時間がない。
内容はJavaスクリプトを使った時計とカレンダーの作成。
やっかいな事に、教科書にのっているソース通りに書いてもできないこと。
原因不明。
さらに課題内容はその応用で、数字のとこをGIFファイルに直し表示させろという内容だ。
ほんとは今日資格試験を受ける予定だったのだが、予約がとれず、2月22日にした。
今日やった特待生の試験のほうは、手ごたえばっちりだ。
洗剤などいろいろ買出しにいきたかったが、バイトもあったので
結局行けなかった。

そこで22日までブログの更新をちょっと休む。
以前からやることが山ずみだったのだが、今は一分でも時間がほしい。
時間に追われあせってます。
誰かシェアリングでもしませんか?っていう。

俺がかえってくるまでに簡単な「なぞなぞ」を出すので説いていてくれ。
まあ引用だけど。

 ●好きな人と一緒にいるとすぐにたってしまうものはなーんだ?

これは簡単だね。
誰でもわかる。



そう、正解は「時間」。



 本題 
 ●エッチになればなるほどカタくなるものってなーんだ?



忘れていい事と忘れてはいけない事













「人間の価値」について。
価値のある人間といえば、上流社会で生活している人達。なのか?
確かに尊敬もできるし、そこには富と名声もきっとあるだろう。
これには否定もしないし、逆に俺は納得すらしてしまう。

ではそれ以外の人はどうだろうか?

少なくとも俺の周りの人間は、さっき述べた人たちと同等、もしくはそれ以上に「人間の価値」はあると思える。
「それはお前の個人的な意見で、客観的な意見ではない」と言われればそれまでだが、では「人間の価値」とはいったい何なのかと、逆に教えてほしい。

人間の本質的不平等なこの世界で、価値のある人間が存在するって事を言いたいのは確かに何となくわかる。
これは、「人間の価値=お金の価値」ではないことも伝わってくる。
では、いったい俺は「人間の価値」についてどう考えているのだろう。

権力のある人間が価値のある人間か。
人から羨まれる大富豪が価値のある人間か。
仁義をつくす人が価値のある人間か。

答えはすべてNOだ。

人間に価値など最初からないのではなかろうか。
なぜならば、「人間」はけっして「物」ではないのだから。
現在人類は60億いると言われているが、その中に、だれひとりとして同じ人間などいやしない。

それでも人間に価値をつけたがる人間に、俺はここで宣戦布告をする。

ママのおっぱいでもすってろ!

かつて人権などがまだない時代、自由を求めて戦ってくれた方たちへ。
時代は平成を向かえ、おかげさまで何不自由のない生活を私達は送れております。
その中で、私達はいかにそれ以上の幸せを見つけだし、世間一般とよりどちらが幸せかを自慢しあい競っております。
もはやかつての幸せでは、今の時代不幸と評価されるでしょう。
人に自慢をするために自己を高め、人に自慢をするために外見を磨きます。
かつて人権などがまだない時代、自由を求めて戦ってくれたアウストラロピテクスさんへ。
ありがとう
おばか
人にやさしくされたとき、自分の小ささを知った。

このフレーズ好き。
今後も、心のスミッコに常において生きていきたい。
ときどき忘れてしまうときがあるので、HPのほうに好きな言葉コーナーでも追加しておくか。
今日、バイト帰り、倒れているチャリンコを起こしてやった。
誰も見てなかっただろうけど、それでいいのだ。

<バイト>
結婚式の二次会の客がきた。
年齢層は俺と同い年くらいの連中。
会計のときに新郎新婦が幹事だという事を知った。
こっちはわざわざ新郎新婦抜きで、合計を割り勘計算したのにね。
あんまりだろ。かわいそうで涙出ちゃいそうだった。
こういう奴らほんと大っ嫌い。
ちっちゃすぎ。
チョコくった
バイト先でチョコをちょこっとくった。
ずうずうしい俺は冗談半分、本気半分、仲のいい子にもくれと予約しといた。
手作りじゃなくてもいい?と聞かれたので、本命チョコならなんでもいいですよと。
例のお気に入りの子からもらえたら、俺はうれしくてぶっとんじゃう。

好意のない子とはすぐ仲良くなれるのに、好意のある子とは、意識してしまうせいか少しよそよそしくなってしまうのはなーぜ?

答え、好意を持てない子=積極的で女としてあまり魅力がなくガサツ。
   好意を持てる子=控えめで純粋でおしとやか。       
どうやら、意識する以前の問題だったようですな。
記事書きながら答えを見出した俺は天才。

女性を代表して言わせてもらうが、女はやっぱ中身だよねぇー
自分の存在意義
人は誰でも一度は自分の存在意義を唱えるもの。
しかし、この答えに正しい答えなど一つもない。
もっとも正しい答えを見つけたとしても、所詮は自己満足。
若いうちに自分の存在意義を唱える奴もいれば、年をとったときに唱える奴もいる。
ただ、遅かれ早かれ、この質問には一つだけ誰にでも共通していることがある。
それは、必ずと言っていいほど、自分がヘコんでいる時、つまり純真になっているときに唱えてしまうのである。
でも、みんなこれを乗り越えてきているわけで、お前だけじゃないんだよって事をわかってほしい。

誰にたいしてこんな事書いているのかって?
それは16歳の俺に言ってるんだよ。
お前の6年後は、専門学校のピカピカ一年生だ。
ランドセルしょってるよ。


あとちょっとで漱石の「こころ」がやっと読み終わる。
次は遠藤周作の「沈黙」。
「こころ」ツマンネーから早く読み終わりたい。
今日は風邪ぎみ
あー風邪ひいたかも。
朝から体がだるく頭が痛かった。
こんな日に限って授業がフルにあった。
さらにバイトから今日は五時に入ってくれと連絡がきて、追い討ちをかけてくる。
さらに明日はCSSのテストだという。
授業後、SQLの勉強を40分だけして、急いでバイトにいった。
そしたらそんなに忙しくなかったのでちょっとむかついた。

やり方がまじきたねーとか思ったさ。
なぜならば、五時に来てと欲しいと言ってきたのはバイト先の女の子からだったからである。
ここで断ったらその子がきつくなるって考えて、多少無理してでもいっちゃうわい。
店長からだったら深く考えず、普通に断るのに。
ああ僕馬鹿なので今日の状況をうまく説明できん。

なんか頭がもやもやして、ズキズキして、スプモーニのオーダーに対し、素でファジーネーブルをつくって勝ち誇っていた。
さらに客の連れが遅れて来たときに

「○○テーブルのお連れ様あらわれましたぁ!!」

と口走った。
俺はアホだ。
なんだよ、そのモンスターが現れたような言い草わ。
いらっしゃいました。か、ご来店です。だろ。
普段はちゃんと言ってますよ。

パブロン飲んで今日はもう寝よう。
誰かに腰もんでほしい。
俺の体は電気マッサージが効かないようだ。
今日はよく頑張った。
偉いぞおれ。
今日はむなくそ悪い夢をみた。
7時半に起き、いつものように二度寝。
この少しの間に見た夢だ。

起きたら10時すぎ。また寝坊した。
バタバタ学校いったら今日は成績発表だった。
俺の学校の通知表はA、B、C、Eの4つのランクで評価されるのだが
(Eは赤点)、通知表を見るとなんとほとんどC判定。
さがりまくっとるし。
こんなんじゃみんなにあわせる顔がないorz
ぐぁあ~

って夢。
いつも8時50分前後に家を出るのだが、悪夢から解放されたのが8時20分。
バタバタ準備して、もりダッシュで学校にいった。
恥ずかしい話、かつて赤点11個とったときがあるが、今はもう
かんべんこきまろだぜ
深層心理
今日の心境を書いていいのだろうか?
不安を抱えつつ、ビクビク書いてみる。

バイト先の子の今日は誕生日だった。(以前書いたお気に入りの子ではない。)
誕生日おめでとう!
めでたく19歳になったそうな。
パチパチ。

そんな目で見られても、何も用意してません。
誕生日おめでとう!!
・・・。
すっかり忘れてた。
正確にいうと、なんとなくそろそろだろうなとは覚えていたけど、今日だとは知らなかった。
誕生日本当におめでとう。
パチパチ。

ごめん、きっと期待してたんだね。
裏切っちゃったね、ごめん。

ってか失敗した。
誕生日って聞いたとき、びっくりして、最初に「まじで?!」って言ってしまった。
消えろ貴様の10秒前の記憶。
ビビビビビー

半泣き状態で、じゃあバイト終わったあと二人で飲みに行こうとしつこく言われた。
この時期、俺はもう明日は自分の事でいっぱいいっぱいだった。
無理して精一杯のやさしさを見せ、OKした。
その子は先に10時に上がり、俺は11時あがり。

11時に一通のメールがきた。
「今日はやっぱ親が帰ってこいっていうから行けなくなった。ごめん」
・・・。
俺は知っている。
その子の親は全然厳しくないんだって事を。

易しさを優しさで返された。
・・・。

中途半端な優しさはやっぱよくない。
ああ、もうこんな時間だ。
寝よ寝よ
今学期ももうすぐ終わり
一年が経つのはなんとも早いものである。
今学期も残り数えるだけである。
今学期の一年間を振り返ってみる。

4月、入学式。
今はもうない愛車で戦場へ。駐車場でエアロをガリガリすった。入学式の場所がわからなくて、かなり迷子った。
不安と期待でドキドキだった。
地元の花見。帰りがけほろ酔いで、単車で調子のっとたら車と事故った。
痛かった。

5月、こっちきて知り合った子と飲みに行き、ドゥー。
そして、学校のなれない友人達と今後、どううまく接するか結構考えた月。
ストレスが結構たまって駅のチャリンコを帰りにいつもぶったおしていた。

6月、ピザ屋でバイトを始める。道など何もわからないので、迷子に
なりまくった。ジャイロを運転しているときは少しだけ気がまぎれて
結構楽しかった。

7月、資格対策授業ばっかりで、覚えることが多くて、ほんとしんどかった。血尿がでた。
なれない生活で、毎日が嫌でしょうがなかった。
でもどこにも逃げ場所がなかった。

8月、夏休み、ピザ屋のバイトをやめ、金ほしさに他の仕事を始めた。
ほとんど仕事先で寝泊りして、いろいろ人生の勉強をした。

9月、無料で受けれる資格対策授業に自主的に参加。
この仕事と勉学の両立は無理だと判断した俺は、やめたいと志願したが
逆に学校をやめろと言われた。
だから飛んでやった。

10月、結局試験には落ちた。結構へこんだ。
息抜きに温泉いってドゥー。
のんびりした月。

11月、バイト探しの月。サポートセンター、家庭教師。
ディスクワーク職や頭を使う仕事は結局決まらず、今の俺に選択肢は一つしかないと確信した。
まあ当然だわな。

12月、今のバーテンもどき、居酒屋のバイトを始める。
昔ちょこっと居酒屋チェーン店でバイトしたことがあったので、それなり。かわいい子が多くてたまらんと思った。でも仕事内容はきついと聞く。どこが?

1月、正月。超忙しい年末を無事乗り越え、地元に帰還。やっぱ地元は最高だった。
バイト先で5人やめた。女3、男2。
就職でやめた人はいいけど、それ以外の人に、一度背中をむけるとクセになるよと優しく言ってあげればよかった。

2月、現在。バイト先でまた男1人やめる。建築現場で一度仕事をやってみてわ?と内心思う。
たたかれるし、どやされるし、毎日筋肉痛だし、ケガするし、ボロボロになるし、真っ黒になるし、キャバクラ無理やりつれてかれるし、グチグチ・・・

あーこう書き出していくと、何もないようで、実はなんかいろいろあったんだな。
でも16、7歳の頃が一番いろいろあっておもしろかった。
今の自分のまま、あの頃に戻ってみたいw
詳細をもっと書きたかったんだけど、今日はもう疲れた。

明日はまりもを買ってこよう。
海のまりも。
今日はたくさん癒された
暇だったので、バイトの子にこっそりカシスミルクを作ってあげた。
俺は生ビール。
飲み終わったあとに実験でパッソアと牛乳を混ぜてみた。
二人で香りはいいけど味が悪いとか議論していると、その子の顔が赤くなってホロ酔いしている事に気が付いた。

まじかわいいとか思ったさ。

俺は主に三階担当で、インカムつけて一階の人と店の状況の連絡をとりあってんだけど、その子は一階のインカムをつけて俺のテリトリーの三階になぜかあがってきた。
三階にインカム二人という大爆笑。
直接声が聞こえます。
おかげで今日一日、一階の状況がまるでわかんなかった。
でも店長なんにも言ってこなかったので、まあOkだったんだろう。
天然なのか、マジなのか、それともただ酔っ払っているのか、それは謎である。

忙しいのもいいけど、たまにはこんな、のほほんとした一日が必要ですな。
マカナイも今日は何故かすっごい豪華で、もうお腹一杯。
今日はほんと癒された。
パソコンの調子が悪い
なんかパソコンの調子が悪いんだよね。
風邪でもひいたかな。
記事書こうとすると、セッションが切れましたとか出てはじかれる。
別窓で開くと問題なく開けるので今は別窓でいちいち開いて書いている。
なんでだろーテツアンドトモ。

きっとFC2ショック。

今日バイト帰りにパラパラ雪がふってた。
きっとこれがコンシーズン最後の雪なんだろうな。
そう思うとちょっと切ないな。
来年のクラスの発表
来年のクラスが発表された。
むー。
俺が選択したのはJava/Linux専攻。

一番人気があったのはネットワーク専攻。
サークルの人たちいわく、ネットワークを選択する人はやる気の
ない人間が多いとのこと。
むー。これはノーコメント。

次に人気があったのはWindows専攻。
サークルの人いわく、暗記が多いとのこと。
教科書使ってひたすら暗記だそうだ。

三番人気がJava専攻。
サークルの人いわく、ここはひたすら実技みたいな感じらしい。
今年の三年はここの専攻が一番レベルが高かったらしい。
事実サークルの8割の人がJava専攻。
残りはWindows。

むー
ネットワークの人はどうでもいいが、頭のいい人は全員Windowsに行ってしまったので、俺は少し不安である。
だが入学前から俺はJava専攻希望だったので、この意思は固い。
せっかく勉強を通して少し仲良くなったのになー。

だが、どうにも我慢できないことが一つある。
なんでお前もJava選んでんだよっていう奴が一人いるのだ。
ネットワーク専攻希望だったが人数オーバーでJavaに流されたらしい。
ほんと小学生みたいな人で、俗に「かまってちゃん」という。
彼には一度わからせてあげる必要があります。

これは俺のやさしさである。
決して、決して、あれではないよ。
イライラ
昨日の過ごし方
昨日はかなりハードだった。

04時00分:睡眠・グッドナイト
07時30分:起床・グッドモーニング
09時20分~15時20分:授業・オラクル、オラクル、一般教養
15時40分~18時00分:サークル・SQL暗記
18時00分~19時00分:本屋にてSQLの参考書購入・本屋で担任と遭遇。
19時30分:帰宅

19時30分~20時00分:ナポリタン料理開始
20時00分~21時30分:部屋の掃除、片付け、洗濯、バイト先から電話
21時30分~23時00分:課題に集中
23時00分:バイト先へ向かう

01時30分~08時30分:送別会、店長ぶっ倒れる
08時30分~09時30分:学校開始まで満喫で爆睡、寝過ごす
10時00分~13時30分:学校にてさらに爆睡、寝過ごす
13時30分~14時00分:教務課にオラクルチケット代納金、O島先生に謝罪
14時00分~:反省

早く卒業したい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。