FC2ブログ
まいのりてぃ~
好きな歌は長淵剛のシャボン玉
管理人:つくつくぼうし

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ログインできね。
むーん。
フレームを通すとなぜかFC2にログインできない。
なぜだろう。
どういうことだ。
スポンサーサイト
息抜き
明日は13時より、学校主催の合同セミナが開催されます。
IT業界では有名な大きい企業がいっぱい来るそうです。

合同セミナや説明会には、個人的に何度かすでに参加したので、正直お腹いっぱいですが、目の保養のためにも、是非行きたいと思います。
私はどうもスーツ姿の女性に弱いようで、なぜか一段とキレイに見えてしまうんです。

たまには息抜きも必要ですよね。
明日はちょっと気になる2社だけ訪問して終わりにする予定です。
合格、合格、合格~
SJC-P受験してきました。
ちょっとナメすぎてました。

この資格を取ろう取ろうとは思っていたけども、どうにもバイトやら学校の課題やら、企業研究やらで、ずっと後回しにしてきました。
参考書も結局一冊も購入せず、学校の友人に借りて一日約15分ほど勉強していました(一ヶ月間ほど)。

簡単な問題しかやらず、難しい問題はどうぜ出ないだろうと
飛ばし飛ばしやってたもんだから、問題見てビックリです。

激ムズ!!
しょっぱな連続で10問ほどまったくわかりませんでした。
考えても、考えても答えが全然しぼれません。
ああ、終わったと悟っちゃいました。

後半の方も追い討ちをかけるように、utilパッケージの辺が頻繁に出題され、まったく手をつけてなかったのでまじ泣きたくなりました。
挙句の果てに、javaにはconcatなんて予約語ないのに、あるような気がしてきてしまい、選択してしまうというこの始末。
ぐわああ。
緊張、動揺、後悔。
もうSQLとJAVAがこんがらがってしまいました。

もっと勉強しないといけないなと素直に反省です。


まあ、合格しましたけどね。
だって正答率52%以上で合格なんですよこれが。
この資格61問中、31問が合格ラインなんです。
半分近く間違えてもいいんですね。

出題難易度をもっと下げて、合格ラインをもっとあげてほしいものです。

合格したのに、なんでしょうかこの敗北感わ。

むむむ
合格、合格、合格?
明日の2月27日は(米)サン・マイクロシステムズ社認定の資格試験(SJC-P)の受験日です。
あまり難しい試験ではないので75%ほどなめています。
落ちたら赤面、自殺ですが、まだ死ぬわけにはいきません。

サン・マイクロシステムズ社と聞いても一般人には知らない人が多いでしょう。
情報処理の頂点に君臨するのは(米)マイクロソフト、(米)IBMが有名ですが、このサン・マイクロシステムズ社の存在があってからこそ今があると言ってもよいとさえ私は思っています。

日本国内では国家資格と呼ばれる情報処理資格が存在します。
これらの資格は大変難しく、取得するには一筋縄ではいきません。
それをあえて評価し、国家資格を重視している企業が現に多く見られます。
しかし今のところ、これは日本国内の話にとどまってしまいます。
グローバル化と呼ばれる現代で、日本が中国、インドなどの国際競争に勝つためにも、日本人によるベンダー資格(大企業が認定している資格)の必要性が今後もっと出てくるだろうと私は思います。
SJC-Pの取得はその第一歩です。

頑張ります。
合格、合格~
2月14日にSK社の筆記試験を受けたのですが、本日みごと合格通知の電話が来ました。
そして3月2日に1次面接をすることになりました。
SK社の筆記試験も事前に友人から「簡単だよ」と聞いていたので、83%ほどなめてかかっていたのですが、落ちていたら赤面、自殺でしたが、やっぱり受かっていました。

電話が鳴ったとき、私はちょうどアツアツのコーヒーをおいしくいただいている最中でした。

これで見事1次面接を突破し、二次面接に合格したら晴れて「内定」をもらえることになります。
果たして私はどこまで勧めるのでしょうかね。
「過去は決まっているが、明日は決まっていない。」
なんだかドキドキしますね。

※余談ですが、本命の企業は3月20日に筆記試験の予約をしております。ところが、この企業様の筆記試験は一般常識です。
これは私がもっとも苦手とする分野であり、3月20日という遅めに予約をしたのは、対策をするためにあえて遅くたのであります。

なんだか最近ついてますね!

合格~
どうも、好きなコーヒーはワンダ・モーニングショットのつくつくです。
1月に受験した日本ベリサイン社が提供するベリサイン認定の試験結果が先日返ってきました。
無事合格してました。
しょぼい資格であり、友人からも事前に「簡単だよ!」と聞いていたので、98%なめてかかっていたのですが、正直落ちていたら赤面、自殺でしたが、やっぱり受かってました。

H19.2 ベリサイン認定アソシエイト 取得

さっそく所有資格欄を追加しなくてわ!
ベリサイン社と聞いても知らない人が多いと思いますが、結構すごい会社なんですよ。
情報処理系の学生で知らない人はいないと言ってもいいぐらいです。

暗号化と言ったらベリサイン。
電子認証と言ったらベリサイン。
情報セキュリティと言ったらベリサイン。
にちゃんのドメイン、ベリサイン。

もっと言えば、あのジュリアス・シーザー=ベリサインです。

ありがとうございました。
とんでもねえ事件。街中に突如現れた巨大な穴
グアテマラ共和国。
それは中米の位置する国。
太平洋とカリブ海の両方に面し、北にメキシコ、北東でベリーズ、南東でホンジュラスとエルサルバドルに接している。

なんとその国でとんでもない事件がおきたそうだ。


巨大な穴1


街中に突如として現れた巨大な穴。
直径20メートル、深さは150メートルに達するそうだ。
民家20軒近くがのみ込まれ、現在3人が行方不明という。
地面が陥没した原因は分かっていない(23日撮影)

ソース元(英語)

ソース元(日本語)

関連記事(日本)

まじかよ。

この穴は悪臭と騒音を放っており、どうもひと月ほど前から地鳴りがしていたらしい。

他の写真
巨大な穴2


巨大な穴3


想像を超えた巨大な物を目にすると、恐怖を感じる。
初めて高層ビルを見たときもそうだった。
巨大造船の仕事に携わったときもそうだった。

巨大なものを初めて目にしたときは、感動よりもむしろ恐怖という感情だ。

巨大な穴4


グアテマラという国はとても治安が悪いらしい。
2006年の犯罪被害による死亡者数は5,885人。
その後も回復の兆しはまったく見られず、悪くなる一方だそうな。
強盗・グループ間の抗争は増加し、銃器による犯罪も増加している。

地域情勢を見ても、
「殺人・強盗・スリ・ひったくり・女性への暴行等が頻発していますので、同地域内での行動には十分注意してください。」
だとさ。

グアテマラに対する渡航情報


巨大な穴5


それにしてもデカイ!!
くれぐれもグアテマラに行かれる際は、足元にお気をつけください。
落とし穴ってレベルじゃありません。
ギリちょこサプライズ
自慢話になってしまったらごめん。
今日バイトにいったらロッカーにギリチョコが2個はいっていた。
ありがたやありがたや。

あまり期待していなかった分、ギリでもちょっとうれしかった。
しかし、困ったことに差出人が書いていない。

一つ目のギリチョコには、俺のことを特殊な呼び方をする人がいるので
誰からかすぐにわかった。
去年ももらったしね。

しかし、もう一つが謎。
筆跡を見ても、誰だかわからない。
しかも手作りである。
誰だろう。

98年に和歌山毒物カレー事件というのがあったけれど、これは大丈夫なのだろうか?と馬鹿な考えを食う瞬間に少し考えてしまったのは言うまでもない。

ピーナツ入りでとてもおいしかったです。

女の子は大変だね。
俺が女ならめんどくさくて、ポッキー1本で済ますだろうよ。

さてと、なんだか妙に元気出てきたな。
日本の弁護士の現状
弁護士と聞けば、何を思い浮かべるか。
アリーマイラブ超好き、など人それぞれ違うかもしれないが、
「天才で○○~な人たち」と多くの人が思うのではなかろうか。

しかし、この弁護士業界。実は、ちょいと問題になっているようである。
それはなんと、就職難!

司法改革により07年度は06年度に比べて約1000人増の2400~2500人の司法修習生が就職を希望しているが、なんと最悪の場合400~500人が就職先を確保できない可能性があるらしい。

なぜならば、日本における弁護士の数は現在ほぼ足りているからである。地方での不足数としても数十から数百程度。
現に、都市部ではすでに就職難が発生し始めているとか。

つまり、国内には弁護士を増やして欲しいという要望はどこからも出ていないということだ。

・・・。
どうすんの?

弁護士が過剰になるといったいどうなるか。
アメリカには、弁護士の数が100万人いると言われている。
しかし、約3割が飢餓線上にあるという。
仕事にありつけない弁護士たちは、病院を徘徊して事件をあさり、あるいは派手な広告を打って顧客を奪い合う。また、食うためになりふり構わず、何でも事件にし、あるいは因縁をつけて大金を請求するような訴訟を乱発する。

日本はこうなってはほしくはないものだ。

ちなみにアメリカでは、救急車の後には、必ず弁護士がおっかけているらしいガクガク。

入社試験
13、14(本日)はA社とB社の入社試験だった。
実は両方とも本命ではない。

今日受けたB社の筆記試験はとても簡単だった。
クレペリンとフローチャート。
フローチャートは最後の一問だけ難しいのが出題されたが、基準は7割
以上とのことなので突破しただろうよ。

問題は昨日のA社の話。
A社の説明会に参加したとき、健康診断書と成績証明書を筆記試験のとき提出するように求められた。
しかしこの間の連休と改装工事の関係で、発行できるのは当日ということに。
当日、学校の就職科に足を運ぶと、ありえない返答をされた。

ハゲ:「試験はキャンセルしたほうがいい」

これ想定外。
A社に対する詳しい裏話を二時間ほど聞いた。
さすがよく研究していらっしゃる。
ダテにハゲてねえなと思った。

プリン
こんな俺でもなんとギリチョコをチョコっともらえた今日。
計二個。こーいうのは素直にうれしいね。
うち一個はプリン。
チョコはあまり好んで食さない俺。
それを知ってのプリンなのかは謎なところ。

非常にうまかった。
年々もらえる数が減っているので、来年は0な気がするよ。


カップルは今頃、全身にまかれたヒモをほどいてんだろうな。

よし、今日はビールを飲もう。
もちろんスーパードライ!
人間関係力テスト 
テスト・ザ・ネイション2007 全国一斉人間関係力テスト 体験版

http://www.tv-asahi.co.jp/test2007/experience/index.html

正解数 8。


あなたは「満開の桜」
積極的に人とかかわり、愛嬌もあるあなたの周りには
いつもたくさんの人が集まります。しかし桜の花もいつかは散ってしまう・・・。
今以上に他人の話に耳を傾け、相手の気持ちを察することができれば
さらに人間関係力はアップしますよ。
あなたが困ったとき
助けてくれる人の数・・・10人~20人


なんじゃこりゃ。

情報社会
個人情報とは、生存する個人に関する情報の事である。
氏名や生年月日など、「特定」の個人を識別することができるものをいう。防犯カメラの映像なども当てはまるそうだ。
また、個人を直接識別できる情報が記述されていなくても、間接的に識別できてしまう情報も個人情報と呼ぶらしい。

高度情報通信社会の進展に伴い、これらの個人情報の利用はすさまじく拡大した。そこで、日本政府は『個人の権利利益を保護することを目的』とする、個人情報保護法を施行した(17.4月)。

個人情報保護法に関するサイト


なるほど、ナルホド ナルホド ナルホドナ!
もっと容疑者を報道しろよ怒!って思えるニュースを見かける理由がわかった。

個人情報とは、生存する個人に関する情報を意味するからか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。